健康への関心の高さは平和のバロメーター?

これまで医者で治療を受けないと処方されなかった医薬品も、ドラッグストアだけでなく、コンビニでも購入できるようになってきました。

また病気や体調不良にならなくても、健康維持やアンチエイジング、栄養バランスの補給など、健康食品やサプリメントの市場も拡大がやみません。いくら医薬や医学、治療法が進化しても、人間にとって「生老病死」は、避けられない現実ではあります。

古代中国・秦の始皇帝は不老長寿の薬を探し求めたと言いますし、始皇帝が寵愛した楊貴妃もライチが長寿にいいと信じて食べていたそうです。

ところで現代のようなサプリメントブームが、実は江戸時代にもあったそうです。

従来の漢方薬に加え、動物の臓器などを原材料にした「生薬」と言われる約1500種類もの新薬が開発、発売されたそうです。

例えば夜に視力が落ちる病には、こうもりの眼球から作った薬(夜行性のこうもりは暗いところでよく目が見えたから)が効くとか、サソリの乾燥したものを煎じると、解毒剤になる(毒を持って毒を制する)とか、アシカやオットセイの睾丸を乾燥させて煎じたものには、精力アップに効果があるなど。

現代の私たちから見れば非化学的で、理にかなっていないなと思うこともありますが、こんなサプリメント、健康ブームが起きたのも江戸時代が平和だった証拠。

少し前までは各地の有力大名が領地を争う戦国時代。実際に戦って亡くなる武将はもちろんですが、その戦いに巻き込まれて命を落とす農民などの一般人も多数いたはずです。

いわば誰もが「死を身近に感じざるをえない世の中」。

明日はおろか、その何年か先のこと(=長寿)などは、考える余裕すらなかったのではと想像できます。江戸時代は結果として300年の太平の世が続くわけですが、民間療法や祈祷(体の中から悪霊を追い払うというような)が中心に展開していき、病気やけがの根本治療は幕末の開国で西洋医学が入ってくるまで待つことになります。

「面倒くさい」言葉のニュアンス

面倒くさいという言葉。

ちょっと使い方が変わってきているようです。

「面倒くさい」を面倒くさい説明をしますと「ある状況を説明し、それによって引き起こされる自分の感情を示す言葉」とのこと。

つまり「宿題をするのが面倒くさい」「部屋を片付けるには面倒だ」といった具合に。

でも最近では状況を説明せずに、引き起こされる自分の感情だけを表す言葉としての使われ方が増えているそう。

具体的には「あいつは面倒くさい奴だ(うっとうしい)」「面倒な彼氏ならいらない」といった具合です。

「あいつと話しをするのは面倒くさい」とか「彼氏と付き合うのは面倒くさい」という表現はありましたが、

いきなり「あいつ(彼氏)は面倒くさい」と省くことで、自分の感情だけでなく、多くの人がそう思っているんだという感情をすり替えて、個人の感情を正当化しているようにも見えます。

このように、本来の言葉の意味からニュアンスが拡大した言葉に「ヤバい」があります。

もともとは「まずい」など、よくないマイナスイメージで使われ始めた言葉ですが、近年では「マジで、この焼肉ヤバいっすね」というように「言葉にできないくらいおいしい!」という自分の感情を超える度合を示す場合にも使われます。

「荷物がヤバい」と言えば、「荷物が思っていたより重すぎる」ことだそう。

言葉は時代とともに変わりますが、「ヤバいくらい面倒くさい」?

post

台風の予報円って何?

私が、ずっと勝手に思い込むなどして、40歳後半になってようやく分かったような、なんともお恥ずかしいことを紹介するシリーズ。

今回は「台風の予報円」です。

先日も、台風が私の住む中国地方を串刺しのように縦断していきました。

だいたい日本列島に上陸する台風は夏より秋の方が多く、今回のように中国地方に台風の中心が通ることは、かつてはほとんどなかったそうです。

これも人類がもたらした、気候の変動でしょうか。

それはさておき、気象予報を見ていると天気図に台風の「予報円」が示されます。

私はこの「予報円」を、暴風圏と強風圏を含めた台風の大きさ(直径)だと思っていたのです。

台風が日本に近づいてきている時に「大きくなる予報円」は、「海からの水蒸気のエネルギーを受けてどんどん膨張して大きくなっているのだ」と。

また列島に上陸して気圧が上がり、勢力が落ちた時の「大きくなる予報円」は、「勢力が弱まったから、勢いがあった時にギュっと締まっていた雲がほどけて台風の直径が広がったからだ」と。

ホントに勝手な解釈ですよね。「進み具合を予報する範囲の円」=「予報円」をまったく無視しています。

よくよく気象予報士さんの言葉を聞いてみると「台風の動きが遅く、数日先の予報が難しいため予報円が大きくなっています」とのこと。

さらに聞いてみると「この予報円のどこかに、台風の中心が入るということですから…」。

―ああ、そういうことなのかと納得しました。

でも、やっぱり「予報円」って分かりにくいです。

そもそも台風の中心の大きさって、どのくらいか素人には分からないから、予報円の大きさだけ示されても、正直ピンときません。

ちなみにこの予報円のことを正しく理解できていない人は、一説には7割いるとか。

―アハハ、やっぱり私だけじゃなかったのかと変な安心感もありました。

100年後の「未来予想図」~海外編~

21世紀に入って、早や10年以上が経ちますが、21世紀という時代は、20世紀に私たちが想像していたものとは、いい意味でも悪い意味でも「想像を大きく超えるもの」であることには変わりありません。

そんな21世紀からさらに100年先の世界を予測しようという試みが、2012年1月イギリスBBCの一般公募で行われたそうです。

その名は「100年後の予測20に対する未来学者の回答」。

1990年にアメリカの土木技師、ジョン・エルフレス・ワトキンズ氏が20世紀にあたり21世紀を予測した「100年後の10の予測」に触発されて行ったそうです。

主なものを取り上げますと

○「思考伝達装置の登場」→テレパシー装置が開発され、他人への思考伝達やネットでの保存、共有が可(文章のアイデアが目で見えるのはうれしいけど、知られたくないこともお見通しだ!)

○「天候を制御できるようになる」→竜巻や雨などを制御できる技術が実用化(やっちゃダメですよ~)

○「宇宙エレベーターの実現で宇宙旅行が安価で手軽に」→(「トンネルを抜ければ、そこは宇宙だった」?!)

○「結婚が1年契約方式に」→(シビア…。まぁ、もともと欧米の結婚は契約ですけど)

○「南極大陸の商業利用」→(始まってますけど、地球のおへそはいじらない方がいいと思います)など。地球環境には悲観的な予測も。

○「自然破壊が著しく進むため、ほぼすべての自然の側面に関する博物館ができる」→(イギリス人、博物館好きだな。南極大陸博物館とかできるのかな?)。

○「砂漠が熱帯雨林に」→(技術でできるかもしれないけど、そこまでして天候をコントロールしたいですか?)。

そして希望としては「主権国はなくなり、世界は一つの国家に」→(さすが、ジョン・レノンの歌「Imagine(イマジン)」を生んだ国です)とも。

ちなみに20世紀に21世紀予測をしたアメリカのジョン氏ですが、携帯電話、デジタルカラー写真、戦車、テレビ、調理済み食事(冷凍食品?)、温室野菜は予測が当たりましたが、人口増加を遅くする、超高速鉄道は当たりませんでした。

20世紀から21世紀は技術革新でなし遂げられるものが多いので予測もしやすいのですが、21世紀から22世紀はそう単純にはいかないので、予測がどうなることやら。

残念ながら、結果は天国で見届けることになりますね。それまで地球が存在しているのか…。

post

童謡「チューリップ」に似たおしゃれな曲

先日いきつけのショッピングセンターへ入った時、流れてきたさわやかなギター音楽に、ふと耳を奪われました。

「♪ミー♯ファー♯ソー ♯ファー♯ソーラー シ♯ド♯レミ ♯レ♯ドシラー」……。

もちろん初めて聞く曲で、名前も知りません。

けれど、どこかで聞いたような感じがするのです。買い物で店内を歩きながら、頭の中を巡らせてようやく気づきました。

チューリップ

そうだ!

童謡「チューリップ」と同じリズム、フレーズだということに。

「♪ミー♯ファー♯ソー ♯ファー♯ソーラー 」が「さいたー さいたー」の歌詞の部分はまったく同じ。

続く「シ♯ド♯レミ ♯レ♯ドシラー」はフレーズは若干違いますが、「チューリップの はーなーがー」の歌詞が違和感なくおさまりそうな感じでした。

曲は進んでいくとまったく「チューリップ」とは別の展開をしていったのですが、音楽って少しは何かに似たものが出てきてもおかしくないな…とは思いました。

ちなみにショパンの「ピアノ協奏曲ホ短調 作品1番 第一楽章」の最初のピアノソロのメロディーには、五木ひろしっぽいフレーズがあります。

似てる曲を見つけると楽しいです♪

あなたもよかったら探してみてくださいね。

人をつなぐ「縁」「絆」「輪」

2018年も残りわずか。今年も1年、様々な場面でいろんな人と出会ってきました。本当にありがとうございます。
このブログも、そんな人とのつながりを表す漢字3つについて掘り下げたいと思います。

まずは「縁」。「縁結び」「良縁祈願」「あなたとのご縁でお仕事ができています」などと使います。

辞書でその意味を調べると「巡り合わせ」「親族、続柄などの血縁」「仏教用語の因縁・縁起」「日本の住宅様式のひとつ。縁側」となっています。

ここから私が想像する「縁」のイメージは

①糸(いとへん)がつくから、切れずに細く、長くつながっている

②(①と関連して)糸の端と端を持つ人がいてつながり合える。双方向でないと成り立たない

③きっかけは偶然かもしれないが、必然的なつながりに変化する…といったところでしょうか。

そして「絆」。

この言葉がよく使われるようになったのは2011年3月11日の東日本大震災発生の後でしょう。

しかし「絆」を辞書で調べると、そこには「呪縛、しがらみ、束縛」との意味が。これは本来は「人が休憩するとき、犬や馬などの家畜が逃げないように道端の立ち木につないだこと」から転じての意味だそうで、「人と人とのふれあい」「相互扶助」の意味合いを持つようになったのは、最近だとか。

後者の意味を持たせた「絆」のイメージは、「縁」と同じく糸(いとへん)がつくので、①②は共通するものの、「縁」よりもっと強く、内面まで含める言葉が欲しかったのではと思います。

そして付加されたイメージが⑤これまでバラバラだったものが、何らかの特別なきっかけでつながりを持ち始めた⑥「縁」よりも、より遠く、空間的、精神的な広がりを感じさせる。思いを馳せる対象になる…となるでしょうか。

最後は「輪」。これは先の2つとは異なり、糸(いとへん)が付いていないlことから、ちょっと意味が違うのではと想像できます。辞書で調べると「円形のもの。リング」「車輪」とあります。この言葉を「内輪」という言葉をヒントにイメージを広げると⑦文字通り「輪」の内は共通のつながりを持つが、「輪」の外との関係性はない⑧手をつなぎ合うことで「輪」という形が保たれているが、その手を離すこともできるくらいの「緩いつながり」。

そしてこれは「輪」の大きな特徴でもあるのですが⑨「輪」は他の「輪」と交流する(「縁」や「絆」は交流しない)ため、「輪」が大きくなったり、小さくなったりする流動性を持つ…というわけです。

もちろん「縁」や「絆」でつながったもの同士が「輪」を作って交流することはあり得ます。いずれにせよ、手と手をつなぐ関係が持てるのは人間にしかできないこと。これからも大切にしていきたいものです。

山口のういろうが好きだっ!

ういろうって、全国各地にあったのですね。私は「名古屋」と「京都」のものしか知りませんでした。

ういろう

特に京都では6月30日に、半年間無病息災で過ごせたことの感謝と、残る半年も無事に過ごせるよう祈りをこめて、上賀茂神社で行われる「夏越祓(なごしのはらえ)」のお菓子としてその名も「水無月」(旧暦6月の別名)という和菓子が売られています。

二等辺三角形の「ういろう」を寝かせた上に、ゆでた小豆をトッピングしたもの。平安貴族が、氷室の氷の上に小豆をのせて食べたのがその起源とされています。

ちなみに「水無月」は京都菓子工業組合の登録商標だそうです。

実はこの「水無月」のういろうが、何度食べても好きになれませんでした。

ういろうと小豆との関係も、私の中では、みつまめの缶詰にある寒天と小豆の組み合わせのような相性の悪さでした。

ういろうの部分が、私の苦手な羊羹に食感が似ていたことも、拍車をかけました。

ところが21世紀に結婚を機に当地へ引っ越してくると、地域的な近さから「山口のういろう」を頂く機会が増えました。

山口といえば「フグ」しか知らなかったので、ういろうも名産と知ったときは正直抵抗がありました。

恐る恐る食べてみると…「ん? ういろうってこんな味だったっけ?」。

まるで、わらびもちのような食感だったのです。

それもそのはず。気になってYahooで調べてみると、名古屋や京都のものは米粉で作られているのに対し、山口のういろうはワラビ粉で作られているとのこと。

京都や名古屋のものとは、原材料が違っていたのです!

ちなみにういろうは、他にも小田原、伊勢(三重)、長田(神戸市)、阿波(徳島)、宮崎に存在するようですが、ワラビ粉を使っているのは、山口のものだけでした。山口のういろうと出合ったことで、奇跡的に好きになれたのですね。

「○○カツ」はお好き~?

「○○カツ」―。

あなたなら「○○」の部分に、どんな言葉をいれますか? 私は「トンカツ」かな…(失礼!)。

ところで今年の大学生の就職活動の解禁はいつからでしょうか。
これから夏にむけて暑いなか、黒いリクルートスーツは熱中症になりそうです。
ぜひ頑張ってください。

さてこの就職活動を短かくした言葉「就活」が定着して以来、様々な「○○活(勝)」が増えてきました。
中でも「終活」は、本来の「就活」と同じくらい定着してきた言葉です。
どちらも聞いた音が同じ(シュウカツ)の反面、一方は「若者の未来の活動」、一方は「高齢者の人生の締めくくり方を決める活動」と対比的な意味と使われ方をしているところが、比較的早く世の中に定着し、広まっていったように思います。

そして同じ音「シュウカツ」と読ませる新しい言葉が。
それは「臭勝」。
大手化粧品メーカーが、汗ばむ夏場の若者の就職活動を応援しようと、「就活」向けデオドラント商品を発売したときのキャッチコピーでした。
いわく「第一印象を高めて、『臭勝』を制そう」とか。

また「熱い夏を乗り切る商品集めました」のスーパーのPOPの棚には「ナツ勝(なつかつ)」。
そして7月1日~8月31日まで、官庁を中心に昨年初めてスタートしたのは「夕活」。
日の長い時季を利用し、始業時間と退勤時間を1時間繰り上げ、家族やプライベートで過ごす時間を大切にしてほしいとの試みです。

そういえば、首都圏を中心に「朝活」がブームとのニュースも数年前に聞きました。
こちらは、出勤前の時間を自己啓発にあてたり、規定の始業時間より早く来て、残業時間を減らすという取り組みだったとか。

さてあなたはどんな「活、勝」をしますか?

もはや恋愛が面倒くさい?

先日、内閣府が全国の結婚適齢期(この言葉もどうかと思う)の20~39歳の男女に聞いた「結婚・家族形成に関する意識調査」を取り上げた新聞記事を見ました。

この調査は2014年12月から無作為抽出で選んだ全国の男女の未婚で、かつ恋人がいない7000人を対象に郵送で実施、2643人から回答があったそうです。それによりますと、なんと男性の36.2%、女性の39.1%が「恋人がほしくない」と答えたそうです。

年代別では男女とも20代が一番多く、男性39.7%、女性が41.1%だそう。なお「恋人がほしくない」理由を複数回答で聞いたところ

①「恋愛が面倒(46.2%)」

②「自分の趣味に力を入れたい(45.1%)」

③「仕事や勉強に力を入れたい(32.9%) 」

④「恋愛に興味がない(28%)」だったそう。

4年前の同じ調査では「統計処理の方法が違うため、単純比較できない」と内閣府はしながらも、「恋人がほしくない」人が31.6%と、今回より6ポイント低かったことに危機感を抱き、この結果を6月22日に閣議決定された少子化対策白書に盛り込んだとも。

確かに大学卒業して就職する20代では、仕事でのキャリア形成や、自由に使える一定の収入を得たことで趣味やスキルアップなど「自分への投資」に関心がいくのは、ある程度しかたないと思います。

私事ですが、20代は仕事が中心で、とにかく職場の中で自分の定位置を確保しようと奮闘していました。もちろん、休みの日は休日出勤もありましたが、基本は自分のためだけに時間を使おうと、趣味に没頭していました。

会社内外で親しくする人はいましたが、恋愛には至らず。結局、今の主人にコクられて、つきあい始めたのは28歳。まだまだ男社会だった新聞社で「このまま仕事を続けても、これ以上の役職は来ない。人生の1回目の転機かも…」と思ったのが、恋愛、そして30歳での結婚までつながったのです。

調査でも女性の方が「恋人がほしくない」割合が高かったようですが、女性は仕事を持ったとき、恋愛、そしてその先がつながるかもしれない結婚、それに伴う退職まで一直線につながってしまうので、かなりハードルは高くなると思います。

でも「恋愛が面倒」ではなく、人付き合い、人と深くかかわることが、そもそも面倒なのでは? なお先の調査では、「年収がいくらなら恋人がほしいか」との質問も。

それによると男性は「400万円以上(79.7%)」、女性は「200万円以上(70.7%)」が一番多かったそうです。

男性の年収400万円を単純に12カ月で割ると、約33万円。女性の200万円を12カ月で割ると、約16万円。
非正規で年収200万円以下の若年層も多いなか、社会的格差も恋愛に踏み切れない事情にあると思います、特に男性は、恋愛中は女性におごったり、プレゼントをあげたりと、負担する額が多いからちゅうちょしますよね。

新聞社に残る男社会の慣習

このごろはNHKのニュース番組を見ていても、報道記者や特派員なども女性が増えてきました。

わけても凶悪犯罪や火事の現場、警察署、裁判所の前からの中継を女性記者がするなど、私が新聞社に勤めていた20年ほど前は考えられなかったことです。

実際に新聞社のみならず、女性の記者自体も当時から飛躍的に増えたと思いますし、以前あった「事件や事故の現場に女性を行かせるのはどうか…」という配慮もなくなりつつあるように思えます。

そんなマスコミの職場ですが、業界用語などにはまだ女性蔑視の表現が残っています。

新聞用語で代表的なのは「ノンズロ紙面」。
新聞業界で、新聞紙面の記事の下に長方形の広告が入っていない紙面のことを指す言葉です。

語源の「ノンズロ」って何だと思いますか? 

「ノン」は「ノー」、「ズロ」は「ズロース」。

つまり記事の下に広告がはいらない見た目が「ズロースをはいていない=パンティをはいていない」ということなのです。

この語源を知った女子は、必ず愕然としますね。
私もそうでした。

後、花の見ごろなどの風景写真を撮るときのポイントとして「人物を入れる時は、女か子供を狙え」とも言われました。

これはポスターのアイキャッチでも女性が使われることと同じやり方です。それだけ新聞というメディアは男性が作ってきたという証拠でしょうが、フェミニスト団体とかだと怒り心頭になるのでしょうか?

でも女性記者はそんなことどこ吹く風と駆け回っているのでしょうね。