もはや恋愛が面倒くさい?

先日、内閣府が全国の結婚適齢期(この言葉もどうかと思う)の20~39歳の男女に聞いた「結婚・家族形成に関する意識調査」を取り上げた新聞記事を見ました。

この調査は2014年12月から無作為抽出で選んだ全国の男女の未婚で、かつ恋人がいない7000人を対象に郵送で実施、2643人から回答があったそうです。それによりますと、なんと男性の36.2%、女性の39.1%が「恋人がほしくない」と答えたそうです。

年代別では男女とも20代が一番多く、男性39.7%、女性が41.1%だそう。なお「恋人がほしくない」理由を複数回答で聞いたところ

①「恋愛が面倒(46.2%)」

②「自分の趣味に力を入れたい(45.1%)」

③「仕事や勉強に力を入れたい(32.9%) 」

④「恋愛に興味がない(28%)」だったそう。

4年前の同じ調査では「統計処理の方法が違うため、単純比較できない」と内閣府はしながらも、「恋人がほしくない」人が31.6%と、今回より6ポイント低かったことに危機感を抱き、この結果を6月22日に閣議決定された少子化対策白書に盛り込んだとも。

確かに大学卒業して就職する20代では、仕事でのキャリア形成や、自由に使える一定の収入を得たことで趣味やスキルアップなど「自分への投資」に関心がいくのは、ある程度しかたないと思います。

私事ですが、20代は仕事が中心で、とにかく職場の中で自分の定位置を確保しようと奮闘していました。もちろん、休みの日は休日出勤もありましたが、基本は自分のためだけに時間を使おうと、趣味に没頭していました。

会社内外で親しくする人はいましたが、恋愛には至らず。結局、今の主人にコクられて、つきあい始めたのは28歳。まだまだ男社会だった新聞社で「このまま仕事を続けても、これ以上の役職は来ない。人生の1回目の転機かも…」と思ったのが、恋愛、そして30歳での結婚までつながったのです。

調査でも女性の方が「恋人がほしくない」割合が高かったようですが、女性は仕事を持ったとき、恋愛、そしてその先がつながるかもしれない結婚、それに伴う退職まで一直線につながってしまうので、かなりハードルは高くなると思います。

でも「恋愛が面倒」ではなく、人付き合い、人と深くかかわることが、そもそも面倒なのでは? なお先の調査では、「年収がいくらなら恋人がほしいか」との質問も。

それによると男性は「400万円以上(79.7%)」、女性は「200万円以上(70.7%)」が一番多かったそうです。

男性の年収400万円を単純に12カ月で割ると、約33万円。女性の200万円を12カ月で割ると、約16万円。
非正規で年収200万円以下の若年層も多いなか、社会的格差も恋愛に踏み切れない事情にあると思います、特に男性は、恋愛中は女性におごったり、プレゼントをあげたりと、負担する額が多いからちゅうちょしますよね。